写真のパネル活用

フィルム

写真は本来、フィルムカメラで撮影したものを現像し、記録として保存するか印刷の原稿として使用するかがこれまでの主流でしたが、デジタルカメラの普及によってそよ用途は大きく広がることになりました。
大きなサイズのパネルなどのデザインとして使用することが可能となったのです。
これまでのフィルム写真では、大きく引き伸ばすと画像の荒さが目立ってしまいましたが、デジタルカメラの画素数の増加とととに、かなり大きく引き伸ばしても違和感のないほどになりました。
そして印刷技術の進歩と歩調を合わせるように、その大型化も進化を遂げて、ビルの壁一面にまで引き伸ばすことも可能となったわけです。
そのために、パネルのデザインとして利用する場合にもその応用範囲はかなり広がることになりました。
使用する場所に応じて様々なサイズのパネルを、詳細な画像のデザインで作成することができます。
写真はフィルムだけではなくデータとして管理し加工することができるために、パネルのデザインに使用する際にもそのイメージに合わせて修正することも可能です。
あるいは写真同士を合成したり色を変えたりと、用途に合わせて自由に使うことができます。
業務用としての作成はもちろんのこと、個人でも好きな写真を好きな形にパネルにすることもできるようになりました。
オリジナルのデザインで自分の好きなパネルを作ることもできますし、展示会などでの催し物にも使用することができます。

紙製であれば自由な内容のパターンをプリントする事が出来ますし、折り曲げ加工によるデザインのパターンも豊富です。
その分従来型よりも耐久性に劣る面もあるのですが、新しい柔軟な発想を持った人には受け入れられ易くなっています。
もちろん加工費用も比較的安く抑える事が出来るので、元の写真プリントの大きさに関わらず、安心して注文を出す事が出来ます。
また写真の元データがデジタルで残っている限り、寿命が来たら繰り返し作り直して鑑賞する事が出来るのです。

写真をアート作品に

ネガ

お気に入りの写真やデザインに囲まれた生活は、日常に彩りを添えてくれます。
無機質な白い部屋の壁を自分らしく飾りたいけれど、アートは高くて手が出せないという人にも、デザインパネルは選ばれています。
季節や気分に合わせて気楽に取りかえられ、インテリアを楽しむ生活ができると好評です。
壁に飾るだけでなく、出窓や階段、椅子などに立てるというやり方も、工夫次第で個性的な空間を作り出せます。
一眼レフなどで撮った写真は、そのままデザインパネルとして使うのも素敵ですが、あえてモノクロやセピア色に仕上げると温かみが増します。何気ない写真もドラマチックなアートに変身しますし、すっきりお洒落にまとまります。

トイカメラで撮った写真の、ボケや歪みを利用するのも、面白い作品になります。
サイズも大きい写真で迫力を出したり、小さいものを何点か飾ったり、玄関やトイレの小場所から、リビングの壁一面にと、オリジナルのデザインパネルで、自分らしさを演出できます。
寛ぎの時間にふっと見上げて幸せな気分になったり、慌ただしい毎日を落ち着いた気持ちにさせてくれたり、友達にさり気なく自慢したり、デザインパネルを通して新しいコミュニケーションが生まれるかも知れません。
家族写真、風景、ペット、愛車など、身近なところから始められることと、パネルにすると立体感が出せるので、額に入れなくても一つの作品になり人気があります。
手作りパネル用のキットも売られていますが、身近にある板や発泡スチロールを使って手作りする人も多く、写真もパネルも全て自作品に愛着も増しています。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
August 2014
M T W T F S S
« Jul    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031